マゼラン級戦艦建艦計画(1) 

久々のまともな?休日だった訳ですが、図書館行ったり、借りてきた本をコピーしてたら丸々1冊全部コピーする羽目になったり、さらにそれをスキャナーで読み込んでファイリングやら編集やら・・・
気が付いたら休日が終わってたΣ( ̄▽ ̄;)

そんな訳でマゼラン級に関しては殆ど進んでません。
とりあえずマゼランのプラモは中学生の頃に作ったきりですが・・・当時完成したマゼランに激しく絶望し、サラミスは作るのを止めたという忌まわしき記憶しかありません。

プラモ、かっこ悪い(T◇T)

マゼランのデザイン自体は嫌いじゃありません。あの頃は上下両面に主砲を配置したデザインはヤマトには無かった宇宙戦艦としての一つの方向性だと思ったものである。ただし完成したプラモはダメダメだった。
あの頃も今現在も、アニメのメカは作画ではなく、プラモとしての立体物が全てのオイラである。どんなに劇中で活躍しようともプラモとして・・・立体化されものを見て、それがダメダメだとオイラにとってどうでもよくなる。マゼランはその代表作である。
基本デザインは良いのにプラモがダメ・・・勿体無い。
で、オイラ的に何処がダメなのか考えてみた。

(1)艦首側の上下の主砲が乗っている船体部分が薄すぎる。

作中の表現だから・・・だと思っていたが、マゼランの主砲は基本的に火薬式かレールガン系か、少なくともビーム砲ではないと思っていた、何故か。多分主砲の形状と、ホワイトベースの主砲が火薬式だからだと思う。あとホワイトベースのメガ粒子砲の形状は明らかに違うし。
そんな訳で火薬式の主砲と想定すればあの船体は反動に耐えられないだろう。というかそうでなくても薄すぎて貧弱。多少なりとも厚みを増やしたい。

(2)船体が短い。
同スケールのホワイトベースと比較しても小さすぎる。なんでこれで戦艦?
サラミスとほぼ同じ大きさ(全長)・・・ありえない。
さらに艦首側主砲の砲身先端が船体から前方向にはみ出している・・・もぅね、全部ダメ。ところがEXモデルのマゼラン&サラミスを見るとマゼランの全長のほうが遥かに長い。
うん、これだ。
そんな訳で全体の延長を行うことにする。ただし現実的な問題で全長はある程度制限することになる。市販の展示ケースに納まる大きさ・・・Σ( ̄▽ ̄;)まぁ仕方ないよね。

(3)艦橋の位置・大きさの変更。
艦橋が後方に下がりすぎている。ロドネイか、貴様はっ!!
いや、随分違いますけどね、マジに最初に思ったオイラの感想はロドネイだったんですよ、英戦艦の。
そんな訳で艦橋位置を前に・・・はちょっとやめて、艦橋より後を少し延長。
出来れば後方の上甲板に主砲を乗せたいよなぁ・・・などと思ってみる。無理そうだけど。

(4)カプセル、イラネ
今日船体を仮組みしてぼけ~っ眺めて妄想に耽っていたのだが、戦艦に大気圏突入カプセル要らなく無い? というか砲撃戦の主役になるであろう戦艦にワザワザ弱点作ることはないだろう。あのカプセルって絶対に装甲薄いよね。接近されたら絶対狙われるよね。というかオイラなら狙う。ど~なんだろ、そのあたり。
あんなデッカイ大気圏突入カプセルを船外にぶら下げ・・・というか船体に食い込ませるように積載するってダメダメだと思うけど。
サラミスなら汎用性っていうことと、なんとなく現用艦艇に似てる感じから装甲が紙切れだとしても不思議じゃないし、それならカプセル載せてても違和感感じなかったのだが・・・・・・戦艦はダメだろっ!
そんな訳でカプセル無し。

そんな感じで行き当たりばったりで仮組みしてみた。

Magellan_002.jpg
Magellan_003.jpg
Magellan_004.jpg
艦首側で23mm、船体中央で12mm、後部側で10mmほど延長予定。
次いでに船幅も5mm広げてみた。
当然後で変わると思うけど・・・こんな感じで進めてみる。もちろん行き当たりばったリである。『伊吹』の時のように図面は描いてない。ラフすらも。全ては思いつくままに・・・



失敗したら2隻目があるさっ(^ω^#)

コメント

大尉は、これに光ファイバー通して舷側窓を光らせた記憶が…
確か、高校生の頃?

その頃から発光好きだったんだねえ

光ファイバー・・・忌まわしき過去がw
電飾のミレニアムファルコン・・・結局完成しなかったなぁ。
完成したのはフラッシュ回路を組み込んだヤマトぐらいですか。
光モノは苦手だなぁ・・・

  • [2012/06/16 01:21]
  • URL |
  • じゃい@管理人
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する