FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

風張峠・鶴峠ライド 

20170522_01.jpg
20170522_02.jpg

書いたのが消えた(泣)




気を取り直して・・・


奥多摩湖に逝ってキタ。
ルート選定は真っ直ぐっ!!
そんな訳で全体のルートはこんな感じ

20170522_03.jpg

いつもより少し遅く? 6:30に磯子を出発。あとはひたすら国道16号線を真っ直ぐ突き進む。
平日なだけあって、朝の16号線は微妙に混んでた。箱根のように1号・134号線とは勝手が違う。全然進めず、時間ばかりが過ぎていく。16号線を抜け、津久井湖から相模湖方面に。

20170522_04.jpg

相模湖に到着。
この時点で9:20。
60km足らずに3時間近く掛かるとは予想外だった。
ここから相模湖北岸に移動して西進。今回のスタート地点に決めたコンビニまで後一息。
途中、中央高速・上野原ICを通過する・・・上野原ICかぁ、今まで中央高速は殆ど使った事無かったから、感覚が無かったのだが・・・遠いなぁ。思えば遠くに来たもんだ・・・を実感した。

上野原のコンビニに到着。ここまでの走行距離66km程度。到着時間は10:00を少し過ぎていた。この時点で精神的に疲れ切って気がする。遠いよなぁ、箱根と変わらんけど。

スタートは10:15
名前も分からん峠?を越えて檜原街道を左折。峠越えで奥多摩湖を目指す。
目標は風張峠登頂!
まぁ奥多摩湖はついでで風張峠がメインですから。

スタートしてからずっとインナーローでチマチマと進む。本当に地まちまちまちまちまちまちまちまちまと。全然先に進まねぇ。でもここで無理をすると絶対に到達出来ない気がする。というか無理。
にのでちまちまちまちまと漕ぐ。
しかし・・・
真夏日に近い天候。(実際には27~28℃程度)
水はボトル2本持っていたが、あっという間に1本消費する。流石に無理だと思って途中自販機でポカリを1本購入・・・はい、脚付いたorz
まぁ今回は最初から諦めていましたが。
その後もチマチマと進み、やっと第一目的地・・・の1歩手前まで辿り着いた。

20170522_05.jpg

『都民の森』
元々此処でいったん休憩予定だった。だけど、月曜日定休日 マジカorz
バイク乗りの人たちも閉ったゲート前で休憩していた。そしてゲート脇から侵入して中に。
まぁ入りましたけど。そして無事飲み物をゲット、その後最後のアタックを開始する。

・・・あれΣ( ̄▽ ̄;)?

なんか最後の数kmは楽に登れたんですけど。むしろ最後の方が辛いかなぁと思ってた。なんだろうなぁ・・・

20170522_06.jpg

20170522_07.jpg

風張峠 到着 ('(゚∀゚∩
到着は13:00ジャスト。
コンビニから実に2時間45分が経過していた。遅っ!

ココからが問題である。選択肢は2つ。
元々風張峠到着は12:00前を予定していた。1時間以上も遅れるとは予想外だった。当初の予定は
(1)奥多摩湖まで下って、小菅村方面に西進。鶴峠経由でスタート地点に戻る。
(2)このまま引き返す。
遅くなるようなら当初より引き返す予定だったのだが・・・明日も休みだっ!
・・・という訳で(1)を選択した。
(元々月・火曜日と有給休暇取得していて4連休だったwww)

奥多摩湖方面に下り始めて直ぐに、奥多摩湖を見下ろせる駐車場?を発見。ちと立ち寄る。

20170522_08.jpg

初奥多摩湖(^ω^#)
あ~カメラ欲しいなぁ。
三脚欲しいなぁ。

20170522_14.jpg

そして記念写真(・∀・)

奥多摩湖まで下る途中はひたすらセーブ。ケイデンス 0 で脚を休める。
小菅村方面に向かう途中、鶴峠方面に向かうショートカットルートに入る。
入った途端・・・後悔した。
なんだ、コレ。
もうね、イキナリ勾配が辛い。
なんとなく風張峠より楽だと思い込んでたから、面食らった。まぁ最初だけ・・・だと思って登り始める。

途中、原始村というキャンプ場?の横を通る。

20170522_09.jpg

20170522_10.jpg

竪穴、横穴の古代の住居を模したバンガローが人気のキャンプ場・・・らしい。
まぁ今は寄る元気も、見る元気も無いので写真だけ撮ってスルーする。
まぁ一度は行って見たいかなぁとも思うが。

その後、小菅村からのルートと合流。そして地獄を見た。

20170522_12.jpg
20170522_13.jpg

この合流ポイントから鶴峠まで僅か2.4kmたらず。高低差僅かに211m程。
元々奥多摩湖自体標高が高いし、降りてから300m程度登ればあとは下り基調で帰れるという思惑もあった。
実際、この区間も平均勾配は8.7%程度、少し頑張れば・・・程度である。しかし・・・
合流してからの道が真っ直ぐ。本当に真っ直ぐ。もうね、勾配がどうこうじゃない、見た目が壁だった(泣)
一瞬で精神的に潰された気がした。なんだ、この道。
普通、峠道なら曲がりくねってるイメージが強い。だから『左にに1回 回避、次に一度戻って、右に大きく回避、小さく回避・・・』などとナビ画面見ながらショートコースを連続して走るように進んでいると意外と速いし、気持ちが切り替えられる。少なくともオイラはそんな感じで今まで登ってた。
しかし・・・疲れきったところで、この直線勾配は・・・なんか一気に疲れが来た。
多分、普段なら平気だったのだろうが、今回だけは本当にまいった。マジに壁に見えたから。
それでも距離が短いからまだ良かった。カーブ部分に入ってからもなんとか。
あとでルートナビで見てたら部分的にとんでもない勾配表示が出たときに、また驚かされたが。

20170522_11.jpg

鶴峠、到着(つД`)

何も無いね、本当に・・・
なので場所が分かるバス停で記念写真。というか記録写真。
・・・なんでここにバス停?

後は下るだけ。但し少しだけ上りもあって、余計精神的に来るものがあった。早く帰りたい。
本当に来た道を戻って家に帰るだけなのだが、今回珍しく手が痛くなった。
いつもなら150km越えた辺りから尻が痛くなるのだが、今回は其れに加えて手のひらが痛い。もうグローブのパットが潰れてて役に立ってない。そういやこのグローブ、2シーズン目だった。買い替えかな?
尻・手のひら・肘・肩・腰・ふくらはぎ・・・と順々に痛くなってきて、帰宅したときには全身がだるくて仕方ない有り様である。身体、鍛えなおさないと。
自宅到着は20:30を過ぎていた。

今回の記録
走行時間 10時51分(トリップ時間 13時間36分)
走行距離 209.16km
平均速度 19.0km/h
ケイデンス平均値 53rpm
登坂高度 2548m

帰りの16号線をどんなにがんばっても平均速度はどうにもならなかった。
無理だぁ、あれじゃ。
そして200km越えで13時間over(つД`)
せめてどんなに遅くても13時間は切りたかった。最後の休憩が余分だったかなぁ。まぁ休まないと途中で力尽きそうだったんだが。



奥多摩湖は当分行きたくないです(´Д`;)

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。